手間のかかる網戸の掃除の裏技を知っておけば役立つ

サイトマップ

トップバナー

網戸掃除の裏技

洗わなくても網戸の汚れが楽に取ることができる

網戸の掃除というものは、大掃除の時にはメインになることが多いと思います。皆さんはどうやって掃除しているのでしょうか。私の場合、まずは家中の網戸を外すことから始まります。そして、それらをお風呂場へ持っていって、水をかけつつタワシなどでゴシゴシ洗いです。何が大変かと言いますと網戸の移動でして、それ以上に大変なのが網戸洗いです。全部終わって疲れ果てているところに、また乾かすための移動というお仕事が待っています。乾かす場所も取るので、最初から最後まで大変です。網戸の中にはわざわざドライバーで外さないといけないものもあります。取り外しだけでも一苦労です。

この網戸掃除の裏技を紹介したいと思います。この方法だと、洗わなくても網戸の汚れが楽に取ることができます。まず始めに、網戸の裏側(反対側)の面に古新聞紙を貼ってゆきます。貼るものはテープなどを使用すると良いですよ。後は、掃除機で吸っていくだけです。新聞紙を貼らずに、普通に掃除機で吸うだけですと、向こう側からの空気も一緒に吸いこんでしまいます。そうなると、汚れが上手に吸いこまれません。新聞紙を貼ることによって、空気をすうことができなくなります。すると、汚れのみを吸い取ってくれるしくみなのです。

使い古した洋服ブラシ

他には、洋服ブラシが使えます。もちろん、使い古した洋服ブラシで構いません。気になるのは網戸への影響ですが、洋服ブラシは毛が柔らかいので網戸を傷めません。安心して擦ってください。使い方はといいますと、まずは網戸の外側から洋服ブラシをかけて軽い汚れを落としていきます。次に、雑巾を用意し、内側から拭き取るだけです。とても簡単ですね。

少々変わっている裏技もあります。 こちらは天気予報を見ておかなければいけません。 タイミングよく大雨の予報が出ましたら、雨が降りそうな辺りで網戸を外してベランダに置いておくのです。 天然シャワーが雨が汚れを落としてくれるという方法です。 もちろん、タワシでのゴシゴシ洗いには及びません。 ですが、ある程度は落ちるので、後の作業が楽になります。 雨の降り方によっては、タワシでゴシゴシ洗いする必要がありません。 お金がかかりませんし、楽ができる裏技ですよ。

サッシの溝掃除

網戸掃除をする時、網戸を外すと思います。 その時、サッシの溝の汚れを見てしまうと、気になってしまいませんか。 網戸を外したり網戸掃除をするのならば、サッシの溝も掃除してしまいましょう。

ポイント

サッシの下溝は、お水かお湯を少し流して汚れをふやかして下さい。 いらなくなった歯ブラシなどで擦ると簡単に汚れが取れます。 最後は、水を流せる場所でしたら水で汚れを洗い流しましょう。 水を流せない場所の場合は、水を多めに含ませた布や雑巾などを使います。 面倒ですが、何度か汚れを拭いとってあげましょう。 雑巾や布が隅っこまで届かなくて過度に汚れが溜まっている場合、綿棒や濡れたティッシュを竹串などに巻きつけると良いでしょう。

窓枠のカビに気づかないままでいる
窓枠に注意

つい溝に目が行きがちですが、実はサッシの上の部分や側面も汚れています。 ついでに吹き上げるなどして、まんべんなくお掃除しましょう。 実は窓枠は湿気の溜まり場なので、カビが繁殖している場合が多々あります。 けれど、ほとんどの家庭の窓枠は黒っぽい色をしています。 おかげで窓枠のカビに気づかないままでいるのです。 網戸のお掃除の時、網戸のみで終わるのではなく、サッシや窓枠、窓も忘れずにお掃除しましょう。

網戸は専用のお掃除道具が必要なく、身近なお掃除グッズでお掃除できます。 雑巾や掃除機、麺棒やティッシュなど、工夫次第で見近なもので簡単にお掃除できます。 インターネットや雑誌でも、その裏技がたくさん紹介されています。 その中で気になったものを紹介しますね。 使うのはフローリング用ワイパーです。 活躍するのは、フローリグワイパーのウェットタイプのシートです。 こちらのウエットタイプのシートを使ったフローリングワイパーで、網戸を軽く拭いてください。 想像以上に楽に汚れが落ちるのです。 いちいち大掛かりに掃除せず、しかも簡単にできるとあれば、とてもうれしいですね。 手軽にできるので、日頃からやっておくと年末の大掃除が楽になるのではないでしょうか。 網戸のお掃除専用というのではなく、いつもお掃除に使っているフローリングワイパーが使えるというのは主婦にとって良いですね。

お掃除の裏技の基礎的知識