小麦粉を使った裏技を学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

小麦粉を使ったお掃除

洗剤に負けず劣らず油を落とす習性がある

料理で万能な小麦粉は、掃除の裏技にも使えます。 実は小麦粉は、洗剤に負けず劣らず油を落とす習性があるのです。 今回は小麦粉を使ったお掃除の裏技をいくつかお話していきましょう。 小麦粉は油を吸収する習性があります。 こぼしてしまった油があったなら、そこに小麦粉を振りかけてみてください。 小麦粉が油を吸収してくれるので、あとは拭き取ればよいだけになります。 もしたくさんの油が付いている場合は、割り箸などでこそげとる形になります。 換気扇のベタベタした油汚れなどがそれに当たりますね。

調理の後片付けなどでは、ちょっとした工夫で楽になります。 てんぷらやホットケーキなど、粉類の料理をした時に使ってみてください。 粉類の調理中、ボウルを使用することが多々あると思います。 粉の残ったボウルを洗う時、油汚れのフライパンなどと一緒に洗うようにすると手間が省けます。 粉の残ったボウルに水を入れて、小麦粉と混ぜ合わせます。 その小麦粉液をフライパンなどの油汚れに入れてあげるのです。 そうすることで、小麦粉液が油を吸収してくれます。 洗剤だけでフライパンを洗う時よりも、楽に洗えると思います。

ガスレンジやシンクの汚れのお掃除にも使える

応用といいましょうか、小麦粉の成分を含んだ麺類のゆで汁も似たような汚れを落とす効果があります。 しててしまう茹で汁を、熱いうちに油汚れにかけてあげると、汚れが幾分落ちてくれます。 ゆで汁で食器、フライパンを洗うと、とても簡単に洗えて便利です。 ただし注意して欲しいのは、油分のない麺類を茹でたときの茹で汁のみ使用できるということです。 油分がありますと、洗浄効果はないのでご注意ください。

ガスレンジやシンクの汚れのお掃除にも、小麦粉を使った裏技あります。 小麦粉とお酢を混ぜて、ペースト状のしてください。 そのペーストを、雑巾やスポンジにつけてお掃除しましょう。 きっと、驚くほどキレイになると思います。

ドライヤーでお掃除

小さなお子さんがいるご家庭ではよく見られるのがシールです。 壁や家具にベタベタとシールを貼ってしまった経験、結構あるのではないでしょうか。 手で剥ぐと、どうしてもキレイに剥がせずに汚くなってしまいます。 爪を使うと、家具などに傷を付ける場合もあります。 シール剥がしの薬剤のようなものがホームセンターなどで売られています。 ですが、家庭にあるものを使うことで、わざわざ買ってこなくてもキレイに剥がすことができます。

ポイント

使うのはドライヤーです。 ヘアドライヤーを温風設定にして、暖かい風を出します。 それを、家具などに貼られたシールに当ててください。 シールについている糊が温められることによって、柔らかくなっていきます。 そうなると、キレイに剥がれてくれますよ。

ドライヤーの熱に注意
ドライヤー

注意して欲しいのが、ドライヤーの熱です。中には熱に弱い塗料を使用した家具もあるかと思います。大切な家具を傷めないよう、ドライヤーの温度と距離に気をつけて作業してください。同じところに長く温風を当てますと、どんどん温度は上昇します。火傷にも注意しながら、時々温度を確かめつつやってくださいね。この裏技、商品に貼ってある値札シールにも使えます。熱に注意してお試しください。

冬になりますと、ストーブの出番です。ストーブには灯油が欠かせません。その灯油、こぼしてしまったら厄介ですよね。 もし床や玄関に灯油をこぼしてしまったら?皆さんは、どうやってお掃除しているのでしょうか。まずは灯 油を拭くと思います。ですが、この灯油、雑巾で拭いただけでは臭いが残ってしまいます。しかも、かな りの間消えてくれません。とてもいやな臭いなので、一刻も早く消えて欲しいものですよね。そん な時に使えるのは、お茶がらです。以前にもお話していますが、お茶がらは臭いを吸収して くれる性質があります。このお茶がらを、灯油がこぼれた個所にまいて暫く放置してください。 そして、掃除機でお茶がらを吸い取ってあげましょう。もし手に灯油が付いてしまったの なら、これもお茶がらで手をもめば臭いが取れますよ。お茶はほとんどの家庭で飲むものですし、その お茶がらがお掃除に役立つのであれば、タダでエコにもなるのでうれしいですよね。

お掃除の裏技の基礎的知識