普段使っているもので汚れ落としができることを学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

壁の汚れ

使い古しの歯ブラシと歯磨き粉を使う裏技で解決

いつの間にか壁紙が汚れていた、という経験はありますよね。 水拭きしただけでは落ちそうにない汚れってありますよね。 そういう時は、使い古しの歯ブラシと歯磨き粉をつかった裏技で解決でします。 歯磨き粉 を少量つけ、壁紙を傷めないよう優しく歯ブラシでブラッシングします。汚れをかき出すイメージで 行いましょう。あとは水拭きで歯磨き粉を落とせばオッケーです。歯磨き粉はあくまで少量にしないと、 最後に落とすのに苦労してしますので注意しましょう。

賞味期限が切れてしまった食パン

壁に付いている電気のスイッチですが、こちらは手アカで黒ずんでしまうことが多いです。 この手アカ、なかなか落ちてくれません。 そこで使えるのが、賞味期限が切れてしまった食パンです。 まずは、食パンを3cm角くらいにカットしてください。 カットした食パンで、電気スイッチの周りを擦りましょう。 みるみるうちに、手アカの黒ずみが取れると思います。 ここでパンくずがボロボロと落ちるかもしれませんが、気にしないで大丈夫です。 最後に掃除機で吸い取ってあげましょう。

障子の張り替えというのは、なかなか大掛かりな作業です。 ですが、障子は黄ばんできます。 そんな黄ばんだ障子を、貼り替えせずにキレイにする裏技です。 コップ1杯の水に、障子のりを小さじ1杯と食器用漂白剤を少し入れて混ぜ溶かして下さい。 それを霧吹きに入れて、障子全体に吹きつけましょう。 白くてピンと張った障子に早変わりしますよ。

クレヨンの落書き

ポイント

壁に描かれた、子供達のクレヨンでの落書き、どんなに芸術性があっても壁に書かれた時点でアウトです。 これは落としたくても、なかなか簡単にいきません。 どんなに力をいれて磨いても、洗剤を使っても、水拭きをしても、スッキリと落とせるものではないですよね。 けれど、この裏技を使えば簡単です。

クレヨンの成分と特性を理解する
アイロン

まずはアイロンと当て布を用意します。 当て布を落書きの上に当てて、アイロンを押し当ててください。 注意して欲しいのは、この時のアイロンの温度は低温です。 熱によってクレヨンが溶け、当て布に移ってきます。 最後に、住居用洗剤とクレンザーを混ぜたものを布に含ませて拭きあげてください。 これでキレイに落ちると思います。 クレヨンの成分と特性を理解していれば思いつく裏技ですね。お子様の落書きに困っているご家庭で大変役立つ裏技だと思います。

お掃除の裏技の基礎的知識