お掃除の裏技で活躍する新聞紙の使い方を学びましょう

サイトマップ

トップバナー

新聞紙でお掃除

新聞紙の活用方法や裏技

掃除の裏技で度々登場する古新聞紙。色々な状況・場所で大活躍するので、捨てずに取っておく人 もたくさんいるでしょう。そんな新聞紙を活用したお掃除の裏技をみてみましょう。まずは 網戸やエアコンフィルターのお掃除です。網戸の裏側に新聞紙を貼りつけて、掃除機で吸い こむと埃を実にキレイに取り除いてくれます。

掃除の場面だけでなく、日頃お掃除しにくい場所に敷いておくという使用方法もあります。食器棚・冷蔵庫の上・シンク下の扉等、埃がたまりやすいのになかなか掃除をする機会がありません。食器棚の上や冷蔵庫のの上などの高いところは、特に埃がたまりやすいところです。実は、お料理で空気中に舞った油は高いところにたまります。埃と油が混ざると頑固な汚れになり、長期間置くことで更に落としにくいものになります。新聞紙を敷くことによって、取り変えるだけで済むので楽です。

乾いた新聞紙で拭きあげればピカピカ

次はお掃除にひと手間加えて、更にキレイにする方法です。まずは、新聞紙を水で湿らせて小さくちぎります。それを畳やフローリングに撒き、掃くのです。こうすることで、新聞紙が細かいゴミたちを絡め取ります。と同時に、埃をまき散らすことなくお掃除ができるという技なのです。いたずらにお部屋の空気を汚さないので、小さなお子様や、鼻炎のアレルギーの方には良い方法ではないでしょうか。とはいえ、お掃除をする以上は、埃が舞ってしまいます。きちんと換気しながらお掃除しましょうね。

新聞紙はとても掃除の役に立ちます。埃よけ・埃を絡め取る・雑巾の代わり・埃受けなどなど、とても万能で優秀なグッズと言えます。紹介した用途以外にも、窓ガラスや鏡拭きに新聞を利用するという方法もあります。新聞紙のインクが、汚れを落としてくれるのです。汚れが酷い場合などは、最初に水で湿らせた新聞紙で窓ガラスを拭きます。その後、乾いた新聞紙で拭きあげればピカピカになるのです。新聞紙だと、雑巾のような拭き残しや拭きムラ、洗剤の後など残りません。昔は小学校などで教えていたようですが、最近はどうなのでしょうか。とても良い裏技なので、是非試してみてくださいね。

ラップ湿布でお掃除

家の中には様々な汚れがあります。 今回はこの汚れ達を取る方法を紹介していきましょう。 中にはしつこい汚れもあると思いますが、紹介する裏技でキレイにしてしまいましょう。 身近なものですから、きっと役に立つと思いますよ。 上手に掃除をすると、手抜きしていないのに家中がキレイになります。 家が綺麗だと心も晴々としてスッキリですよ。

ポイント

ご家庭の掃除の中で嫌なものは油汚れです。 特に換気扇は高いところにある上に取り外しも面倒です。 その上、酷いベタベタ油汚れとくれば、嫌気も差すと思います。 そんな換気扇のお掃除、みなさんどうやってしているのでしょうか。 キッチン周りなだけに、できるならマメにキレイにしておきたい場所でもあると思います。 ホームセンターなどでフィルターが売っていますが、油はフィルターを通して中の羽へ辿り着いてしまいます。 この油に辟易してる方は多いと思います。 こういった油汚れに良いのは、お掃除洗剤を使った「ラップ湿布」がお勧めです。

換気扇などの汚れ
換気扇掃除

まず、換気扇などの汚れのひどい部分に洗剤をかけます。 そして、その上からラップでピッタリと密封させるのです。 こうして暫くの間放置しておけば、頑固な油汚れは浮き出て来ます。 浮き出た油汚れは、ブラシやたわしで簡単に落とせます。 もし、しつこい油汚れの時は、クレンザーなどを使用すると落ちやすくなります。

このシップ法は、様々な場所で使うことができます。 例えば、お風呂の桶や蓋ですと、キッチンペーパーやティッシュペーパーなどに洗剤を含ませて湿布すると良いでしょう。 他にも油汚れには、熱湯をかけることによって油を浮かせるといった方法もあります。 この場合は、火傷に気をつけてするようにしましょう。 お風呂といえば、みかんなどの果物を浮かべる家庭もあると思います。 実はこのみかん、浴槽のあかを取るのに役立ちます。 入浴中にでも試してみてください。 更なる裏技ですが、みかんの皮は煮出すことにとってフローリングのワックスにもなりますよ。 本物のワックスとまではいきませんが、それなりの効果はあります。

お掃除の裏技の基礎的知識