面倒になりがちな窓のお掃除の裏技を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

窓掃除の裏技

窓ガラスを拭く順番

意外に億劫なのが窓のお掃除です。つい、年末だけしてるといった状態になってませんか?どんな場所でもそうですが、お掃除というのはマメにするに限ります。汚れは貯めれば貯めるほど頑固になり、手間がかかるものへと育ってしまいます。窓も例外ではありません。汚れを貯めずにマメに拭いてあげると、とても楽に掃除できます。もし汚れが酷いならば、市販のガラスクリーナーを使うと良いでしょう。

窓ガラスを拭く順番ですが、最初に外の窓から始めましょう。次に外を透かしてチェックしつつ、内側を掃除してゆくのです。窓ガラスを拭く時のコツとしましては、Z字を書くように拭き取ることです。どうしても残りがちな洗剤の拭き残し、雑巾の拭き跡が汚く感じてしまいます。せっかく綺麗にしていても、見た目が悪いと汚れて見えてしまうものです。こういった場合は、乾いた雑巾で空拭きしてあげると、綺麗に仕上がるでしょう。

細かいブラシのタイプを使うと良い

刷りガラスや特殊な模様ガラスの場合、表面に凹凸があるので要注意です。へこみに汚れが入りこんでいるガラスは、ブラシを使って掃除しましょう。歯ブラシやタワシなどで、細かいブラシのタイプを使うと良いです。ここで、自然を力を借りた裏技を紹介しましょう。意外かもしれませんが、雨が降った後の曇りの日が、実は汚れが落ちやすい時なのです。

とても酷い汚れを落とす場合は、ラップを使いましょう。窓ガラスの汚れの酷い部分に、洗剤を吹きかけます。そしてラップを貼りつけて、10分~20分間ほどおきます。あとはラップをとり、乾いた雑巾で空拭きしていけば汚れが取れるでしょう。想像以上に簡単に汚れが取れるので、是非挑戦してみてください。

掃除裏技グッズ

捨てるつもりの衣類、少し待って見直してみてください。 実は、お掃除に役立つものがたくさんあります。 例えば、使い古しや伝線してしまって履かなくなったストッキング。 これを針金ハンガーに履かせれば、簡単埃取りの完成です。 狭い隙間の埃取りに最適でして、オーディオ類などの隙間で活躍します。 なぜ埃が取れるのかといいますと、ストッキングが静電気を起こして埃を呼び寄せているためです。 このストッキングの静電気法は、他の場所でも使えます。 ブラインドなどの掃除がしにくい個所も、手をストッキングに入れてなぞればオッケーなのです。 ストッキングでなく、軍手でも代用可能です。

ポイント

衣類などは雑巾にしてしまいましょう。 洋服などは使いにくいのでカットします。 小さくすることで、細かいところにも使いやすくなります。 使い捨てで、気軽に使えますよ。 ちょっと気になったところや、窓ガラス・サッシの溝みぞなど、使い道は無限大です。 それに、雑巾とはいえど使い捨てなので、洗う手間が省けます。 手が汚れないですし、水道代の節約にもなっていいですね。

スーパーの袋はキッチンで大活躍
漂白剤

スーパーの袋はキッチンで大活躍します。 漂泊したいものをスーパーの袋に入れて、希釈済みの漂白剤を入れます。 袋の口を縛り一晩おけば、翌日は楽に汚れが落ちるでしょう。 お勧めは三角コーナーや排水の溝の部分などの、取り外しできる個所です。 汚れると汚くて厄介な場所なだけに、この方法はありがたいですね。 こちらも手がよごれませんし、食器用スポンジを使いたくない場所の物だと嬉しい方法です。

なくなると、うっかり捨ててしまいがちな台所洗剤の空き容器も使えます。 これを使って、お子さんが水鉄砲をして遊んだりしませんか? 食器用洗剤と違い、水だと勢いよく飛び出します。 それと同じ方法で、窓のサッシの溝を掃除します。 勢いがありますし、水の量を調整しやすくて便利です。 この方法ですと、水の節約にもなります。 いらなくなった歯ブラシなどで擦りながらやると、簡単に掃除が済んでしまうと思います。 生活の中には便利なお掃除グッズが隠れています。 なんでも捨てずに、掃除に役立てられないか考えてみてくださいね。意外と沢山役に立つものがありますよ。 何でもいらなくなったら捨てるのでなく、一定期間はとっておくとよいでしょう。

お掃除の裏技の基礎的知識