汚れを防ぐ方法を知っておけば今後のお掃除もラクラク

サイトマップ

トップバナー

汚れ防止の裏技

サボってしまうと汚れが酷くなっていく

主婦業の中のお掃除というものは、切りがないお仕事です。毎日大変ですし、サボってしまうと汚れが酷くなっていくものもあります。特にカビが生えた場所の掃除は、気力体力が必要です。カビが生えてしまうと大変ですが、そのカビや、カビの元となる汚れを防止すると楽だと思います。今回はそういった裏技を紹介します。

カビといえば、やはりお風呂場でしょう。夏場は特に悩みの種ですが、ちょっとした心がけひとつで、防ぐことが可能です。入浴後、最後にほんの少しだけ、とあることをすれば、カビを防ぐことができます。それは、家族全員の入浴が終わったあとに行います。最後の入浴が終わった後、水滴のついた壁や床の水分を、水取りはけで取り除いていくのです。水分をふき取ることでカビ防止になり、カビの発生を防いでくれます。乾燥することによってカビが防止できるでしたら、それほど手間がかかりません。

消毒することでキッチンのカビを防ぐことができる

埃がたまりそうな場所には、あらかじめ布などをかけておくと良いでしょう。汚れを取るのではなく、前もって防ぐのです。どんな場所が思い浮かぶでしょうか。パソコン、プリンター、レンジ、トースター、炊飯器など、様々な場所で使えます。最初に多少のお金がかかってしまうかもしれませんが、かける布などを頂き物のタオルなどで代用すればお金もかかりません。

次に紹介するのはエタノールスプレーです。毎度毎度、キッチリと水拭きするのは面倒ですよね。そういう場合は、まずエタノールスプレーをふりかけて下さい。そして、空拭きをすればキレイになります。エタノールが食品にかかってしまうことを心配するのでしたら、食品に付着しても大丈夫な安全エタノールが売られていますよ。簡単除菌できるので便利です。夜の就寝前にひと吹き、シンクや冷蔵庫、キッチンのあちこちにしておきましょう。すぐに蒸発するので拭き取りは不要です。匂いも、あっという間に消えてくれます。消毒することで、キッチンのカビを防ぐことができるので、毎日の掃除が楽になりますね。

お茶がらを使った裏技いろいろ

もし、捨てるはずの物が役に立つとしたらどうしますか? 勿体ないので、是非活用したいですよね。 今回は、捨てるはずのお茶がらやコーヒーや紅茶の出した後のカスを使った裏技を紹介します。 ほとんどの方が捨ててしまうものですが、このカスたちが掃除に役立つというから驚きです。 様々な汚れ落としに使える上に、捨てるはずだからお金もかかりません。 これは嬉しい裏技ですね。

ポイント

飲み物のカスの用途の中には有名なものもあります。 皆さんが既に知っているものもあるかもしれませんが、一応、ここで一通り紹介していきます。 最初に紹介するのは、お茶がらです。 お茶がらは消臭効果があります。 肉、魚の調理後のなんともいえない匂いから、カレーなどの強力な匂いまで取り除いてくれます。 それに、油も吸収してくれるので、フライパンなどのお掃除に便利です。 あと、意外に知られませんが、匂いが付いてなかなか取れない電子レンジの中にも使えます。 耐熱皿に、水気をきったお茶がらを乗せて、約1分間加熱するだけでいいのです。 驚くほど簡単にレンジ内の匂いが取れてくれるので、困っている方は是非試してみてください。

魚焼きグリル
魚焼きグリル

魚焼きグリルにも、頑固な匂いがついてしまいます。 洗っても洗っても、匂いは染みついてしまっています。 そういった場合にも、お茶がらが役立ちます。 グリルがまだ熱いうちに、水を張っていない受け皿にお茶がらを乗せて暫く置いておきます。 すると臭いが消えるので、ネットにお茶がらを入れて、それでグリルを洗ってあげれば大丈夫です。 お魚の調理にもお茶がらが使えます。 せっけんで洗っても洗っても、なかなか魚の匂いが取れなくて困りますよね。 そんな時には、両手でお茶がらを擦ってあげて下さい。 あっという間に、臭いが消えると思います。

コーヒー豆のカスは、灰皿にいれておくと良いでしょう。 カスに吸いがらをさせば、煙草の嫌なにおいが広がりません。 部屋にコーヒーの香りが漂いますし、一石二鳥ですね。 様々な方法を紹介しましたが、役に立ちそうなものだらけでしたね。 皆さんも、捨てるはずのお茶がらなどを今後は捨てずに活用していきましょう。

お掃除の裏技の基礎的知識