普段あるものでカーペットのお掃除ができることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

カーペット掃除の裏技

自然のものでカーペットの掃除の使えるもの

普段の生活に密着しているカーペットですが、掃除となると少々面倒だと思います。 フローリングと違って、汚れが染み込んで取れにくいので億劫になります。 幼児か赤ん坊、小さな子供がいる場合ですと、ハイハイしたり転がったりすると思います。 赤ちゃんがハイハイした手を口に入れてしまったり、下手をすればカーペットを舐めてしまったり…。 そういうのを見ると、化学薬品を使用するのは躊躇ってしまいますね。 洗剤を使うのは怖いですし、絶対に使った洗剤を残すわけにはいきません。 それならば、洗剤を使わずに掃除をすれば安心です。 自然のものを使って掃除をすれば、舐めても大丈夫ですね。

自然のものでカーペットの掃除の使えるもの、それは塩とレモンです。 この裏技は有名ですので、既に知っているという方もいるかもしれませんね。 どんな風に掃除するかといいますと、まず、カーペットの汚れた部分に塩をまきます。 まいたら、暫く放置してください。 あとは、掃除機で吸い取りましょう。 たったこれだけで、汚れが驚くほどキレイに取れると思います。

レモンには漂泊効果も

塩は、色のついた食物に使えます。 ケチャップ、ソース、赤ワインなどをこぼした時には、塩を思い出して下さい。 これらの物をこぼした時は、慌てずに雑巾と塩を持ってきます。 こぼした物がカーペットにしみこむ前に、手早く雑巾で吸い取りましょう。 次に、その汚れの上に大量の塩をまき、乾燥するまで放置するのです。 塩がこぼした液体を吸収してくれるので、塩が乾燥したら、掃除機で吸い取ってあげましょう。 塩は料理以外にも使えるので、本当に便利ですね。

レモンには漂泊効果があるのを、知っていましたか? もし、汚れの招待がわからない場合はレモンを使います。 塩と同じく、雑巾で汚れをふき取ります。 この時、暖かいお湯を使うと汚れが落ちやすいかもしれません。 汚れを拭き取ったら、輪切りにしたレモンを汚れ部分に擦りつけます。 シミが驚くほど取れていきますよ。 原因不明のシミに効果絶大なので、是非試してください。

ゴム手袋も裏技のひとつ

皆さんが食器洗いやトイレ掃除、お風呂掃除に使っているゴム手袋を思い浮かべて下さい。 実は。カーペットのお掃除やお手入れに、その「ゴム手袋」が使えます。 意外でしょうが、とても便利な裏技です。

ポイント

カーペットにも色々ありまして、毛の長いフワフワなタイプもたくさんあります。 寒い季節には重宝されるタイプで、暖かくて気持ちいいですよね。 手触りも気持ち良く、つい、お昼寝したくなる方もいると思います。 ですが、毛が長いタイプのカーペットはお手入れが困難です。 カーペットは家具が乗っている部分もありますし、とても大きいです。 簡単に外して洗ったり、洗ったりできません。 けれども、掃除機だけでは行き届かない部分もあります。

気づかないうちにダニの餌
掃除でピカピカ

毛の奥の汚れや、目に見えない汗などの汚れも気になりますよね。 動物を飼っている場合ですと、カーペットの毛の間や奥に動物の毛が入りこんで取れません。 小さな子供がこぼしたお菓子のカスも同様でして、気づかないうちにダニの餌となっているでしょう。 掃除機の後にカーペットコロコロなどを使って掃除してる方も少なくないと思います。 ゴム手袋は、そんな方に嬉しい裏技です。 方法は簡単でして、ゴム手袋をはめて、じゅうたんやカーペットを撫でるだけなんです。 たったこれだけで、小さなゴミやペットの毛、髪の毛などを、どんどん取ってくれるのです。

もし、ゴム手袋がないのでしたら、タワシでも代用できます。 どうやってタワシを掃除に使うのかといいますと、まず始めに毛並みと逆方向に擦ってください。 すると、ゴミが浮き出てくると思います。 そのまま、毛の流れにそってこすりましょう。 汚れやゴミがまとめて取れると思います。 ゴム手袋やタワシを使っての裏技掃除、週に1、2回程度でも十分に、じゅうたん、カーペットが綺麗に保てますよ。

お掃除の裏技の基礎的知識