畳掃除のコツと様々なお掃除法があることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

畳掃除の裏技

大量の液体は染みてしまう

フローリングやカーペット、じゅうたんのお掃除の裏技を紹介してきました。そこで気になるのが「畳」です。同じ”床”繋がりですが、畳はどうしても掃除が困難だと思います。カーペット以上に動かしにくいものですし、洗うといったことが全く不可能です。もし畳に何かをこぼしてしまったら…。液体はあっという間に染み込んでしまいます。こぼしたものは綺麗に拭き取れず、シミになってしまったという経験も少なくないでしょう。畳の張替えは自分ではできませんし、結構お金がかかります。綺麗な畳でいて欲しいからと上にカーペットを敷く方もいるでしょうが、大量の液体ですとやはり染みてしまいます。それに、せっかくの畳をカーペットで覆ってしまっては勿体ないと思いませんか?

現代の日本の家屋は、洋風な造りのものが多いです。 そんな洋風な建築であっても、一部屋くらいは畳のお部屋をという家庭は多いようです。 日本人の血と申しましょうか、やはり畳のお部屋というのはくつろげますし、落ち着くようですね。 けれど、畳はフローリングのように、汚れを簡単に拭き取って終わりというわけにはいきません。 液体ですと、シミは覚悟です。そんな時に使える、畳のシミ落としの裏技があるのをご存知ですか。

汚れを落とす以外は基本はから拭き

あまり畳を見ることがない方が多くなってきたので、知らない方もたくさんいると思います。実は畳には、白い粉のようなものがついています。これが何かと申しますと、色あせを防いだり、傷から身を守るバリアのようなものなのです。つまり、この白い粉のようなものを水で拭き取ってしまうと、畳が傷みやすくなるのです。基本的なことですが、大事なことです。「汚れを落とす以外は基本はから拭き」というのを守ってください。

たとえガムの汚れや、カビの汚れであっても、水拭きはしないでください。そんな畳に、もしガムがこびりついてしまったら?乾いた雑巾かいらない布を用意し、シンナーまたはベンジンをしみ込ませてください。それを、そっとガムに当てて拭き取ります。もしガムが畳の目に入ってしまったら、汚れた部分に布をおいて上からアイロンをかけましょう。アイロンの熱で温められたガムは柔らかくなるので、拭き取れやすくなります。ガムを取り除いたら、その上からきちんとから拭きしてあげましょう。これは覚えておくと、もしもの時に役立ちます。とにかく、畳はから拭きが基本です。畳を長持ちさせたかったら、大切なことですね。

畳掃除に便利なアイテム

地べたで転がったり、ハイハイする赤ちゃんがいる家では、畳のお部屋で遊ぶ機会が多くなると思います。赤ちゃんはどこでも舐めてしまいますし、所構わず寝てしまいます。赤ん坊が直接触る場所の中で、床が一番多いのではないでしょうか。だとしたら、やはり清潔に保ちたいものです。畳は油断すると、カビが生えてしまいます。湿気の多い季節などは特に要注意です。今回は、畳に発生してしまったカビについてお話します。

ポイント

最初に使うのは歯ブラシです。この歯ブラシを、畳の目にそって取り除いてあげます。畳の目にそうことで、間に入り込んだカビも取れます。そして、消毒用アルコールを布に染み込ませて、カビを拭き取っていきます。最後に仕上げで、から拭きをしましょう。実は畳は繊細です。優しく掃除やお手入れをしると、畳を傷めずに長持ちさせることができます。

畳にコーヒーやしょう油など液体をこぼした時の裏技
畳の部屋

もし、畳にコーヒーやしょう油など液体をこぼしてしまったら?そんな時のお掃除の裏技を紹介します。まずは、こぼしてしまった液体を雑巾などで拭きます。この時、押しつけるのではなくて、液体を吸い取るようなイメージでやってください。そうしましたら、シミの上に塩をまいて暫く置いておきます。塩が乾燥しましたら、歯ブラシで畳の目にそって擦ってあげて下さい。最後に掃除機で塩を吸い取り、仕上げに乾いた雑巾で空拭きしましょう。この塩を使った方法は、前に紹介したカーペットやじゅうたんのお掃除の裏技と似ていますね。応用編とでも申しましょうか、塩は様々な使い方ができます。歯ブラシも同様でして、色んな場面で大活躍します。古い歯ブラシは捨てずに取って置くと便利ですね。

畳には目があります。この目に、こぼした液体が入ってしまい、シミができやすかったり、汚れが落ちにくかったりします。 畳に何かをこぼしてしまったら、塩と歯ブラシですね。注意して欲しいのは、時間が経 つと畳の目に染み込んでしまうということです。スピードが命というべき畳掃除、いつでも対応できるように雑巾 と塩と歯ブラシはわかりやすい場所に用意しておき、すぐに手が届くようにしておきましょう。

お掃除の裏技の基礎的知識