他人の目が入りやすい玄関のお掃除の裏技を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

玄関掃除の裏技

新聞紙はお掃除で活躍するグッズのひとつ

今回は玄関掃除についてお話してゆきましょう。 玄関は来客時や郵便、宅急便など、他人の目が入りやすい場です。 この狭い空間しか見ない他人にとって、そこがあなたの”家”と感じることが多いでしょう。 いつ何時、インターフォンが鳴るかわかりませんから、常日頃から綺麗にしておきたいです。 そんな玄関は、どんな風にお掃除しているのでしょうか。 土足との境目でもある玄関ですので、きっと外からの汚れも持ちこんでいるでしょう。 時には水をまいて大きなブラシでこすったり、なんて苦労もあることでしょう。

新聞紙は色々な場所のお掃除で活躍するグッズのひとつです。窓ガラスや網戸の掃除など、今までご紹介してきたものもあります。実は玄関の掃除にも、新聞紙が使えるんです。どうやって使うかといいますと、水で湿らせた新聞紙をちぎって、玄関に散らします。そして、ホウキで掃いていけばいいのです。小さなゴミは新聞紙が絡め取ってくれますし、埃があまり舞わずにお掃除できます。玄関は砂埃があるので、とても便利ですね。

簡単お手軽、しかもお金がかからない

ベランダやマンションの階段もこの方法を使えます。マンションの外階段の掃除を例にしてみましょう。一番上階の階段に、玄関と同様に水で湿らせた新聞紙をちぎって巻きます。この時、新聞紙を多めにまきます。それを下へ下へと掃いてゆけば、埃が舞い上がらずに全部の階の階段が掃除できるのです。マンションの共有スペースは気を使うでしょうし、掃除も大変でしょう。是非、この裏技を試してみてください。

あまり知られていませんが、新聞紙は黒い革靴を磨くこともできます。方法は簡単でして、新聞紙を適当な大きさに丸めたら準備完了です。あとは、黒い革靴を磨くだけ。新聞紙を使いますと、汚れが落ちる上にツヤもでるんです。簡単お手軽、しかもお金がかからない!主婦にとっては嬉しい情報でしょう。これからは、玄関の靴棚の片隅にでも、適当な大きさに切った新聞紙ストックしておきましょう。

エコロジーな掃除

緑茶には様々な効果があります。 緑茶に含まれているカテキンというものには、抗菌作用がありまして、うがいなどによいとされています。 その緑茶を、霧吹きに入れて常備しておくと簡単消毒剤です。 まな板に拭きかければまな板の除菌になります。 お子様の食器や、シンクの内側などにもよいですね。 食中毒の予防になるので便利です。

ポイント

お茶には消臭効果もあります。 以前、お茶で手を洗うと匂いが取れると紹介したことがあります。 お茶と同様、コーヒーにも消臭効果があります。 コーヒーのかすは乾燥させてから使いましょう。 新聞などの上で乾燥させると良いですね。 生ゴミにこの乾燥させたコーヒーのカスを振りかけると、匂いが消えます。 ゴミが出るたびにコーヒーのカスを振りかけましょう。 そうすることで、次のゴミ出し日まで臭いが出ません。 タバコの灰皿にコーヒーのカスを入れておくというのは有名ですね。 他には、庭にまくという方法もあります。 害虫予防になるので、お試しください。 コーヒーのカスには、様々な使い道があります。 今まで捨てていたのでしたら、今後は捨てずに活用していってくださいね。

紅茶パックで食器を洗う
食器洗い

次は紅茶です。 あまり使い道のないように思える紅茶ですが、実は油汚れを吸収してくれます。 つまり、油汚れを綺麗に落としてくれるのです。 使用済みの紅茶パックを捨てずに取っておいてください。 この紅茶パックで、油汚れのついた食器を洗ってみましょう。 もちろん、洗剤はいりません。 紅茶パックで食器を洗った後は、水ですすぐだけです。 食器がとてもキレイになっていると思います。

夏にはたくさん、麦茶を飲みますね。 この麦茶パックも活用できます。 効果は紅茶パックと同様で、油汚れを綺麗におとしてくれます。 お茶の成分は、元来油を分解するものなのです。 紅茶パックよりも大きいので、こちらはシンクなどのお掃除に向いているかもしれません。 この裏技は知らない方が多いかもしれませんね。 私達はたくさんのものを捨てています。 中にはまだまだ使えるものがたくさんあります。 こうしたリサイクルも、その中のひとつと言えますね。 エコで地球に優しく、家計にも嬉しいというのがお茶のお掃除の裏技。 これから活用していきましょう。

お掃除の裏技の基礎的知識